長安の春が見たい、そこは世界の春だから
当時、唐の国の都、長安は煌びやかな文化の
花が咲き誇っていた。若者たちは長安の都に
憧れた。輝く海を前にした若い遣唐使
黙することで憧れを深め瞼を閉じて勇気を得た
彼等の想いの中に世界を真上から見つめる
己の姿が浮かんでいた。それは青春の昂ぶりで
あったのだろう。彼らがめざした長安城の
東門は鮮やかな青で塗られている、かつて
春門と呼ばれていた。季節は春、色は青
青春というフレーズは、ここから生まれたという。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.