私たちは、住まいを考える時、採光、風通、動線を重要視して考えてきました。
しかし、今問題になっているのは人間関係、お風呂に入る時間、食事の時間、食事の内容
上下階の音、電話の取り次ぎ等かつては、家族の問題として処理されてきましたが、みんなが
同じ問題で悩んでいるのでしたら、みんなで考える余地があるのではないでしょうか。
別々に住むと、お金が余計にかかる、人間関係が築きにくくなる、子育てが単調になる等
みんなデメリットを知りながらも二世帯が進まないのは、生活の進化に住宅が寄り添っていない
からでしょうか。かつてトイレは一軒に一台でしたが、今では各階に一台は設置します。
お風呂もユニットバスの普及で二階に設置できます。音の問題も床板の下にゴムを敷いたり
排水管に防音処理をするとか共に住んでトラブルになることを考えたらこれぐらいの配慮は
小さいことだと思います。
住まいを考える時、今までではなく、これからはと考えれば、解決できる問題も少なくないと
思います。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.