ソーラーサーキットの家の“外断熱”は違います
屋根から基礎まで、全体をすっぽり包み込む外断熱工法

  • 内断熱に比べて断熱する空間が大きく、家の隅々まで外気の影響を受けにくい
  • 断熱材に切れ目が少ないので、壁面温度変化が少なく結露防止に効果を発揮

ソーラーサーキットの家・外断熱へのこだわり

基礎まで外断熱 外気の影響を受けにくいため、床下温度が安定。夏は木陰のようなすずしい床下、冬はあたたかな床下を実現します。
また家を支える基礎の耐久性も向上します。
屋根の外断熱 夏は、太陽の熱により、躯体内(特に小屋裏)の温度が外気以上に高まります。そんな時でもソーラーサーキットの家なら、躯体を覆う断熱材が、室内空間への熱の影響をやわらげます。
こだわりの断熱材 高い断熱性能はもちろん、耐圧強度と透湿抵抗にも優れた断熱ボードを採用。雨や湿気に強いので、多様な環境下で使えます。 製造工程でフロンを使わず、リサイクルも可能で、環境性能にも優れています。
第6回 オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 経済産業大臣賞 受賞
平成15年度 地球温暖化防止 環境大臣賞 技能開発・製品化部門 受賞

INFORMATION

施工エリア

【埼玉県】
羽生市、行田市、加須市、熊谷市、鴻巣市、北埼玉郡、北足立郡、南埼玉郡、蓮田市、久喜市、幸手市、北葛飾郡など
※その他の近隣地域についてはお問い合わせください。