先週、義父が亡くなり家族四人で中国西安に里帰りしてました。
私は中国の葬儀は初めてなので服装から用意する物儀式の内容まで
嫁の意見と親戚縁者の意見に従い予定をこなしましたが、日本のように
葬儀会社がない所ではすべて一族で準備しなければならないというのも
大変だと実感しました。この葬儀を通して家族の絆が深まったのが
唯一の慰めかもしれません。

建築の仕事は打ち合わせをして見積もりを出してからスタートする。
今週、来週の発注だと職人から年末は仕事がいっぱいだとの返事
普通の月との違いは月をまたげないこと。ほとんどのお客さんは
年内の完成を望むため、おのずと職人が時間に縛られる、職人の数も
減る一方なので多くの仕事をこなせないのだ。
12月はお客さんに仕事が遅れる言い訳をする日々が続く。

当社がお世話になっているホームページ屋さんが主催する
異業種交流会は実に様々な職種の人が100名参加して
お酒を飲みながら名刺交換をして歩くのだが、建築業界とは
遠い世界の人たちと出会えるのは楽しい。珍しい所では屋形船の
経営者や野外活動の主催者、お茶屋さん等普段会えない人は
面白い。

皆さんが靴や車を買う時に色々考えて買う人と使えばいいと思って買う人では
元々の考え方が違います。家のリフォームでも一つ一つ考えている人もいれば
使えれば安いに越したことはないと考える人がいます。私たちのお仕事は、お客さんの
ニーズに合わせてなるべく思いをくみ取ることにあります。間違いが起こらないためにも
打ち合わせには、時間をかけないと思わぬ落とし穴に、はまることもあります。
私たちは、一年中建築の仕事をしていますから、勝手な思い込みもあります。
お客様も慣れない世界の話なので行き違いも生じます。
信頼関係を構築してから仕事をスタートできればと考えています。

今年5月から着工していた岩槻の四季の懐石「桜茶屋別館」オープンしました。
お部屋だけでなく廊下も畳敷きなのは、お客様がスリッパをはかなくて済む
配慮から来ています。トイレの入り口のドアーの扉もなくしました。
入り口の扉をなくすことでお客様の負担を軽くすることが出来ると思ったからです。
もちろん客間は畳でもテーブルとイスです。とても居心地のいい空間に仕上がりました。
ぜひ覗いてみてください。

明日は羽生市の本町通りを通行止めにして商工祭りが開催されます。
私の所属している建設組合では市民プラザ内で包丁研ぎとまな板削りを
行っています。一個300円毎年100名を超す、お客様がお見えになります。
もう一つの日中友好協会では本町通りで中国琵琶の演奏会が行われます。
是非足を運んでください。

七年前に上海、杭州に行ったコースを今回再訪した。
当時のレートは1ドル80円今回は113円すでに3割の円高
当時は、あんなにいた日本人観光客がほとんどいない。
尖閣以来、日本人観光客は激減している。中国の旅行社は
日本人受け入れから中国人の日本旅行屋になっていた。
意外だったのは空が青かったこと、添乗員によると11月に
入ると石炭を使った暖房使用が始まると青空が消えるという。
人の多さと活気は相変わらずだった。

昔から職人殺すに刃物はいらぬ雨の三日も降ればいいと
言われていますが、長期予報を見ると二週間ほぼ雨
もはやため息しか出ません。助けてください。

玄関の引き戸が重いということで、伺ったところたしかに重い。
玄関は重厚にできているので、ガラスのボリュームも含めて重いのだ。
そのためプラスティックで出来ている戸車に負担がかかり扉が重くなる。
ここで戸車がステンレス製だとレールを傷めることになるので、
戸車にダメージが行くのが一番安上がりなのだ。家は体と一緒で毎日使ているので
手入れは必要なのだ。

今日、季刊で発行している当社の住宅情報誌秋号が
印刷所から届きました。当社HPからダウンロードできます。
連絡いただければ郵送いたします。今回はシロアリ消毒の
ホウ酸塩を特集しました。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.