お客様に工事の適した時期を聞かれるとコンクリートに
関して冬場は避けたいと伝えます。
コンクリートは砂とセメント、砂利、水からなっています。
夏は夏で暑すぎて乾燥が進みひび割れが発生することがあります。
冬、気温が低いと凍結の心配があります。もちろん養生やヒーターを
使って対策はしますが、夏であれば昼過ぎにコンクリート打ちをすることも
ありますが、冬場は午後のコンクリート打ちはありません。固まる前に
凍結の心配があるからです。おのずと手配も厳しくなります。
夏場は今日に明日の手配をしても調達できますが、今の時期は3,4日後出ないと
順番待ちで手配が取れません。コンクリートにとっては、いやな季節です。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.