日本では麺というとラーメン、うどん、そば、パスタというところか

拉 麺

日本ではラーメンというが、中国では製法の呼び名、字のごとく引っ張て作るから拉麺
中国では店舗で店員が麺を引っ張りながら板に叩きつけて細く伸ばしていく、味はさながら
うどんのよう、要は麺をどのように作るかで名前が決まる。日本のラーメンとは、まるで違う食べ物。

坦々麺

これも字のごとく、担ぐ麺。むかし中国四川省で麺を担ぎ売りしていたおじさんが汁あったのでは
重いので、麺に山椒や唐辛子、調味料を掛けて出したのが名前の由来、中国では日本と違い水分はない。

刀削麺

麺を丸めて肩に担ぎ刃物のようなもので、削ぎながら湯だった鍋に入れるからこの名前がついた
麺はどれも小麦で作るので調味料と麺の形態による触感の違いで味覚が変わる。

中国に行ったら是非お試しください。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.