かつて瓦は、木を燃やして燃料としていたころは、釜の内の位置によって、火力の強い所と弱い所で、一等材、二等材に使い分けられていましたが、今はガスですので火力も上がり均等に熱が伝わり品質は向上しました。輸入瓦だと日本のように、暑さ、寒さ、台風、地震、雨、雪と気候にフル対応の国があるでしょうか。ヨーロッパのように雨が少なければ庇も軒の出も要らないかもしれませんが、雨の多い日本では、どんなものでしょうか。気候風土を考えたとき日本の瓦をお勧めします。

img002


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.