家を建てることが決まると、まず建てる位置の地盤の地耐力の調査をします。
家の四隅と中央の5か所で地盤の地耐力を調査します。
地耐力が弱い時は杭打ちをするわけですが、杭を打つ長さは地盤の固い層まで
打ち込みますので5Mとか7Mとかを調べるための調査となります。
地盤改良にもいろいろな方法がありますので調査書が出たらお客様に
説明をして理解を求めます。家づくりの一歩です。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.