昨日は新築の棟上げでした。
土地いっぱいに建物が建つため、いつもの流れではなく
工夫が必要でした。いつもなら棟上げで使う木材を
一括で現場に入れますが、場所がないので土台材を1回目に入れ
土台を敷いて、外足場を組み、2回目の木材を搬入しながら組み込み
足場の部分に材木置き場を設置、組みながら足場も組み替えていくという
大工さんと足場屋さんが連携をしながらの作業となりました。二日間にわたる
棟上げ終了後、3回目の木材は荷揚げ屋さんという材木をトラックから
材料に合わせて1階、2階、屋上と分類しながら配置して作業終了となりました。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.