今回の北海道地震で被災を受けた住宅でも張られていた「危険」の赤色張り紙。

有資格者による被災建築物応急危険度判定士という制度があります。
一級建築士などが研修を受けて資格を取ります。
中越地震や神戸地震では被災建築物応急危険度判定士が数百人招集を受け
被災地で二人一組になり住宅に危険、注意、安全の張り紙を張っていきます。
危険と張られると家に近づくことはできません。倒壊の危険がありますから
震災では数百数千という家が被災を受けますから時間が勝負なのです。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.