この一週間で中国人のヤードの相談が3つあった。
広い敷地を鉄板で囲い家電やバイクなどを集積している
やつで車で走っていると至る所で見かける。業種によって
パキスタン系か中国系に分かれるらしい。
都内や県南より土地の安い県北に流れ着くらしい
打ち合わせする中国人はみんな若く30歳前後で土地の
購入と準備で4、5千万は必要と思われる。日本人なら
銀行の融資を受けるだろうが、彼らは一応に中国の両親に
資金援助を求めるという。かつての苦学生のイメージは
今いずこ、みんな当然のことのように親を当てにしている。
日本人にはちょっと理解に苦しむ。彼らにとっては大学、留学
の延長戦に事業もあるのかもしれない。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.