最近の大学の作品の火災や地下鉄の道路陥没にしても
現場サイドで最新の注意や経験不足やアクシデントによる事故は
工事をしている以上不可抗力の部分もあります。
そのために火災保険、労災保険、対物保険に加入しています。
交通事故と同じで気を付けるのはあたりまえだが、それでも
起こってしまった時は、事故に対して対応して行くしかありません。
ごめんなさいではすまされないのです。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.