月別アーカイブ: 2月 2018

家のリフォーム工事で一番お金のかかる所は水回りです。
部屋で床板や壁クロスの張替えをしても大したことはありません。
しかし台所のシステムキッチン、ユニットバス、トイレをいじると
百万単位で費用がかかります。若い人や高齢者が住まいを探すとき
戸建てを探すより共用空間のあるシェアーハウスのほうが費用も
抑えられ孤独からも解放されこれからの住まいの在り方として
適しているように思われます。かつて長屋は貧乏が故の選択でしたが
共同生活の中にも良いところはあります。これからの住まい方として
いろいろなバリエーションがあってもいいのではないでしょうか。

当社では職人たちを集め毎年忘年会を開いていますが
昨年、岩槻の四季の懐石「桜茶屋」の別館新築工事を
職人たちで総力を挙げ作り上げたので新築会場で
23日新年会を行います。30年近く一緒にやってきたメンバー
ですが、今回は感慨深いものがあります。多分いつもとは
違う飲み会になるような気がします。

今日、当社主催の東京ビックサイトの住まいの博覧会と築地場外市場
バスツアーを開催しました。寒い中にも関わらず22名の参加者に恵まれ
東京ビックサイトで2時間、築地で1時間半、少しハードでしたが
事故もなく無事夕方5時に羽生に戻ってきました。
参加者の皆様お疲れさまでした。

鬼門とは北東を指します。
建築家の考えかただと西と北が悪い方位になります。
なぜ北東が鬼門なのでしょうか、日本の文化や伝統は
中国の影響がとても大きいのです。中国では北東部は
蛮族が侵略してくるので万里の長城を築いても防ぎたい
まさに鬼門なのです。日本はそれを輸入しているにすぎないのです。
本来は土地の気候風土に合わせて日当たりや風の方向で
いい家を建てるべきだと思うのですが、如何でしょうか。

リフォーム工事というと浴室、台所、トイレ等
水回りが中心になります。もちろん見積もりを
しますが、厄介なのがシロアリ被害です。
器具や床板は見積で上げられますが柱や床下の
材木がシロアリによって浸食されているいるときは
消毒以前に木材の差し替えが必要になります。
消毒屋さんにだけの依頼だと消毒だけで終わってしまう
可能性がありますが木材が浸食されているようだと
まづ腐食部分を取り換えるべきです、新築と違い
見えない部分は如何なっているのかわからないのが
リフォーム工事、信頼がないと難しい仕事です。

今日、都内でソーラーサーキットの勉強会がありました。
当社がソーラーサーキットのグループに入って15年が経ちました。
その間にも技術の進歩に伴いグレードアップされているため
年に数回勉強会が行われます。最近は太陽光発電との組み合わせや
営業、デザイン、工事写真の撮り方と多種にわたっています。
当社発行の住宅情報誌にも反映していきたいと思っています。

2月のイベント案内
2月18日(日)午前10時羽生市役所より大型バスで出発
東京ビックサイトで建築博覧会見学後
築地場外市場でお食事、お買い物を楽しんでいただいた後
羽生に戻ります。多数のご参加お待ちしております。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.