月別アーカイブ: 6月 2017

当社は35年前より縁があって「愛の泉」さんの建物の修繕をやっています。
老人ホーム、養護施設、幼児園、乳児園等様々な施設を抱えていますので
一般の住宅とは違い、安全性の要求も高くなります。私たちにとっては、
様々なケースに出会えますので、とても勉強になり住宅を造る上でも参考に
なります。そんなことで後援会には入っていたのですが先日、後援会理事に
委嘱されました。ありがたいことです。今、新築中の四季の懐石「桜茶屋」さんも
40年以上のお付き合いのお客様です。

今日から羽生市商工会プレミアム付商品券が発売されます。
5500円分の商品券が5000円で買えます。
上限は一人30000円まで家族で行けば人数分だけ買えます。
今の時代一割は大きいですよね。小山建設でも商品券取扱店に
なっていますのでリフォームの際にご利用ください。

先週上棟した家も梅雨のさなか、何とか一週間で屋根が
瓦を葺くまでになって一安心。お客さんは木が濡れると心配するが
元々、山の中では自然の中で成長したものですから心配は無用です。
濡れても太陽に照らされ乾けば復元します。濡れっぱなしが怖いのです。
木は生きていて呼吸もしますからビニールで覆ったり通気を妨げるほうが
怖いのです。家はモノではありません、自然素材ですのできちんと対話してください。

先週の16日、岩槻の四季の懐石「桜茶屋」の別館の上棟式が
無事終了しました。人間でいえば出産と同じくらい緊張します。
この日のために基礎工事、材木の加工、設備の配管、足場組を
終わらせ上棟式を迎えるわけですが、最後の難関は天気です。
当日の天気予報でも夕方雨のマークが出ていました。後は
祈るのみです。あいにく夕方5時ごろ少し降られましたが工事は
終了してましたので、事なきを得ました。昔ならばここで宴会が
始まりましたが、交通事情の厳しい現在は、お施主様と職人の顔合わせの
場となっています。梅雨時の中での工事でしたのでヒヤヒヤしましたが
今年は、本格的な雨は遅れそうで当社にとっては幸いとなりました。

羽生市では7月8日(土)夏祭りが開催されます。
普段、街を歩いていても若い人を見ることはありませんが
この日だけは、地元にもこんなに若い子がいたんだと思うくらい
本町通りに浴衣姿の若い男女が集結します。
今日は町内で祭りのための準備会です。祭りの道具、半纏チェック
夜は全体会議、タイムスケジュール、役割分担等話し合われます。
いつまでも続けたい文化です。

日本は寒い冬、風が強く雨が少ない
春は意外に雨が多く気温の変化が激しい
夏に入る前の梅雨、湿度が高く雨が多い
夏は暑く日差しも強く夕立が発生しやすい
秋に入る前は台風が発生しやすく大雨に注意
秋は温度が下がるので体調管理が難しい
日本は四季に恵まれていると言われていますが
建物を建てている我々にとっては一年中
天気に振り回されています。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.