月別アーカイブ: 10月 2016

今年は太陽光発電の倒産が最多だそうです。
当社でも2年前までは太陽光発電は儲かります。
20年で2倍になりますと言っていました。
建築屋がいうくらいですから、太陽光発電の
専門店は力を注いだこととおもいます。
ところが補助金で成り立っていた太陽光発電は
補助金を減らされると成り立ちません。
結果が倒産となります。

残暑が続いた今年も気が付けばもうすぐ11月
今日、蓄熱暖房機のスイッチを入れた。
蓄熱暖房機は割安の深夜電力を利用して
機械に内蔵されているレンガに熱をため
昼間放熱する。後は自動で深夜になるとスイッチが入り
朝7時に電気が切れる。これで春までスイッチは入れっぱなし
暖房に気を遣わずに、日常が送れる優れものです。

流(りゅう)東山彰良著 講談社
だいぶ前に書店でパラ読みして、気に入って買ったのに
なかなか手を出せないでいた。彼は日本人だが幼少期を
台湾で過ごしているため、文章からほとばしる言葉に
台湾の風景が現地の感覚で伝わってくる。
今まで体験したことのない一冊。直木賞の選考委員が
全員◎をしたのもうなずける。

加須市にある社会福祉法人「藍の泉」が創立71年を迎えます。
終戦後、ドイツ人宣教師の一歩から始まった。スタートは
戦災孤児の受け皿としての孤児院。戦後すぐは、近隣住民の
理解を得るのは大変だったとのこと。
当社は縁あって30年前から施設の修繕の仕事をしている。
一般住宅と違い老人ホーム、幼児園、福祉施設、住まいに
求める要求が違い、とても勉強になる。

昨日は最高気温27度、今日は22度、明日は18度だそうです。
それに最低気温が加わりますので一日の振れ幅としては、かなり
身体への負担が加わります。
夏は水分補給とエアコンで乗り切れますが、冬場のヒートショックは
浴室やトイレの温度差ですから、よほど気を付けないと命取りになります。

11月3日文化の日は羽生市の商工祭りが
本町通りを中心に開催されます。
私の所属している建設組合では、まな板削りと包丁研ぎを
市民プラザ内で開催しています。毎回100名を超える方が
来場してくれます。そしてもう一つの日中友好協会では
本町通りで中国楽器の演奏者の演奏も行います。
是非ご参加ください。

平幹二郎さんが浴室で亡くなられたとの報道がありました。
家で事故死なされる方は交通事故死の4倍にのぼるそうです。
夏の熱中症は有名ですが冬は室内の温度差によってヒートショックを
起こすことがあります。室温が20度だとして廊下やトイレは
暖房が聞いていませんから温度差があります。浴室はなおさらです。
脱衣室で服を脱いで15度だとすると、お風呂の温度40度
差は25度です。夏はそれほど温度差は出ませんので
冬場の室内間の温度差は要注意です。

今日、羽生市の中央公園のグランドで
市民体育大会が秋晴れの中、開催されました。
かつて一町十か村と言われた羽生町と周辺の村が
合併され羽生市になった原風景が見られます。
人口の多い地区が勝つのではなく、練習量の多い
地区が勝つのです。そこに地区の力を見ることが出来ます。

世界中で起こる震度6以上の地震は
世界の0.25%の国土で実に20%
起きている。
今回は白壁土蔵群のかべが落ちたり
収穫前の梨が落ちたり、悲惨な風景が
繰り広げられている。

オリンピック景気は都心のゼネコンや土木工事に
限られ建設業界は景気のいい話は聞かない。
一般市民の収入が減り高齢化が進み人口が減る
まさに負のスパイラル、これからは富の豊かさではなく
心の豊かさに考えをシフトしていかなければ
この重い空気は、はね返せない。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.