月別アーカイブ: 3月 2016

朝晩いくら寒いといっても、着実に春の足音を感じる季節になりました。
冬の間、春になったら床の張替、壁の手直しと言われていた現場が
動き出してきています。
人間がいくら発展しても自然も流れに逆らうには、年月が必要なようです。

昨日のニュースで、茨城県の高校受験日に当たり
JR水戸駅のホワイトボードに駅員からのメッセージとして
「合格の切符は売っていない、努力してきた自分を信じて進め」
という言葉で受験生を迎えたという、なんとも乙な話である。

今日、3月3日は女の子の節句、ひな祭りです。
我家でも、娘が二人いますので、ひな人形がありますが
もう何年も箱から出していません。
「家族」を考えるとき伝統、習慣、生活は自然についてくるものではなく
意識しないと存在すら怪しくなってくるような気がします。
ひな祭り一つをとっても、続ける難しさを考えてしまいます。

最近、高齢化に伴って、老人施設が増えたせいか
施設の仕事もっ増えています。
老人が集まる施設は、おのづと一般家庭と違ってきます。
床材も物を、こぼしやすいので掃除がしやすい材料
手摺、開口部、段差、浴室、トイレ、色々な症状が違う人の
集まりですから、みんなが快適に過ごすのは至難の業です。
そんな中でも少しでも良くしようと話し合って努力しています。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.