月別アーカイブ: 7月 2015

日本粥

日本のお粥というと離乳食や子供の頃、風邪をひくと食べた病院食みたいな感じで
決して美味だという記憶はない。

中国粥

中国では、お粥も立派な料理で出汁を取って煮込んだり、お米に限らず雑穀だったり
白粥にしても、ザーサイ、落花生、ピータン等トッピングも様々、美味である。

最近、我が家で流行っている粥は、お米とクコ、落花生で煮込んだ薬膳粥、上記の三点と
水でグツグツ30分出来上がり、味付けはないのにクコの甘みと落花生のほのかな塩味で
おいしいし体に良い気がする。

猛暑が続く昨今、本来気温が下がる夜になっても寝室の二階は昼間同様暑い
なぜか。屋根の裏側は太陽の熱で40~50度にもなっている
その熱は小屋裏で保存され薄い天井板を通じて夜もじわじわと部屋に
忍び寄る、だから夜も暑いのだ。どうしたらいいだろう、小屋裏の換気か
天井の断熱しかないだろう。夏が30度だった時代と40度近くになったら
自然に任せるのではなく知恵を使うことは必要だろう。

今日、村君の朝どれ野菜を相生町で直売しました。
朝8時30分、相生町公会堂で軽トラック1台分、村君14軒の農家の協力での直売会
30分で完売でした。開始10分で60%なくなり、仕方なく残り物を買う感じでも30分で
何もなくなりました。地域間交流恐るべし。

10,000円  ホテル代200$  ホテル代1,000元
2012年  1$ 80円    125$    16,000円
1元 13元    769元                13,000円

2013年  1$ 100円   100$    20,000円
1元  16元   625元                16,000円
2015年  1$ 123円    81$    24,600円
1元  20円   500元                20,000円

日本でぬくぬくと生活していると為替はピンときませんが日本から外へ行こうとすると円の周りは
嵐が吹き荒れています。海外旅行というのは航空運賃とホテル代ですから単純にホテル代で比べると
わかりやすいと思います。
中国旅行で見ると2012年 13,000円のホテルが為替だけで2015年は20,000円に
なってます。怖いですね。

皆さんの家には温度計はあると思いますし天気予報でも温度が表示されますが
家の快適性を決めるのは湿度です。
冬であれば湿度が下がると喉の痛みや皮膚のかさつきに影響を与えますし
高ければ結露の原因になります。
夏は湿度が低いことは考えにくいので、湿度の高さ対策です。
換気がきちっとされていれば通常の家より10%くらい低いのですが
一般にはエアコンの除湿に頼るしかないかもしれません。
同じ28度でも湿度60%と70%では体感の差が大きく違います。
夏の生活では温度より湿度を気にした生活をしてみてください。

羽生市内の相生町と村君地区で交流事業の話合いがもたれてきましたが形になりました。

7月26日(日)午前8時30分より
相生町公会堂にて
村君産 朝摘み野菜の販売を行います。
お手頃価格で、一つからでも購入出来ます。

ふるってご参加ください。
月2回ペースで予定しています。

一般に日本の家は南面が大きく窓で開いている家が多いがこれが曲者である。
夏は、なるべく暑さを家に入れない。それは窓対策が一番大切であります。
カーテン、雨戸、を駆使していかに熱を家に入れないか。一番は外部で遮断する。
グリーンカーテン、よしづ、日よけ等
めんどくさい人はエアコンに頼る。エアコンは立ち上がりにものすごく電力を
使うので我が家では、27、28度設定にしておいてかけっぱなしで過ごしている。
後はエアコンと扇風機の併用で冷風を室内にまき散らす。
ただし健康が一番ですから節約もほどほどに

昨日、羽生市消防本部で建設組合主催の「救急講習と熱中症対策」の講習会に行ってきました。
昼間の気温38度、まさに熱波の中にもってこいの熱中症対策の講義、建設関係者は真夏での
外の仕事も多く休むこともできない中、毎年多くの仲間が現場で体調を崩しています。
救急講習はAED(突然心肺停止になった場合に電気ショックを与え正常に戻す医療機器)の
使い方で人形を使って一人一人が体験しました。操作は難しくありませんが、経験をしていないと
できないと思いました。

七月に入って9日まで太陽が顔を見せないと思ったら今日のこの暑さ
昼間は35度まで温度が上がるという。
今日、羽生市では町を挙げての夏祭り、昼間は子供の御輿と山車が出る
私が子供の頃は力のあるものがいいポジションをとって我々凡人は
一歩引いていたような記憶がある。時は変わって現代、子供がいない
山車も綱を引くのは半分は大人、子供の少ない祭りは寂しい。

2、3日前から食器洗い機の機嫌が悪い。スイッチを入れると煙を吐き出すようになってきた。
機内の水を温めるヒーターが劣化したようだ。この家に住んで12年、家電の寿命を考えると
仕方がない。10年を過ぎたころから、エアコンの効きが悪くなり、電気給湯器の温度が上がらなく
なり、IHクッキングヒーターの部品交換が必要となり、毎月のようにトラブルにさいなまれている。
家電の寿命が10年とするといたしかたのないことだけれど、なかなか大変だ。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.