月別アーカイブ: 4月 2015

太陽光発電

建築の仕事をしてきて30年、二年前は心から太陽光はおいしい事業だとお客様に言えた。
何しろ20年後には投資額が2倍になるのだから。

プレミアム商品券

再びおいしい事業が舞い降りた。
10万円で13万円の商品券が買えるのだから、太陽光と同じ政府補助金のなせる技
政府には景気浮上策という思惑があるのだろうけど、乗らない手はない、何しろ30%の
プレミアムが付くのだから、羽生市だけで、3億円の商品券に国と県から30%の9千万円分の
ボーナスが付くのだから

羽生市

羽生市では6月下旬発売予定。隣の行田市では既に発売していて当日は3時間の行列ができたそうだ。

4月が思いのほか雨が多かったので、今天気がいいと、あちこちでベランダに蒲団が干されています。
昨年、小児科の先生とのコラボで「健康と住まい」というテーマで講演を当体感ハウスで開催しました。
その時、印象に残っているのが、蒲団を干すだけでは、だめです。ダニやシラミの死骸が蒲団に残って
いますから掃除機でゆっくりしたスピードで、吸い取ってください、とのことでした。

今、私の娘二人は都内のシェアーハウスに住んでいる。
彼女らいわく、家具も付いているし、敷金、礼金もいらないから、さっと入って合わなければ
身軽に出ていけるとのこと。第一家賃が安いとのこと。
今、私は、市内の空き家対策を考えているが、どこの町でも高齢化、一人住まいは社会問題化
している老人ホームという手もあるが、これから高齢化が進み一人になった時、共同で住む
シェアーハウスも悪くないかもしれない。

娘二人の都内での新生活が落ち着いたので、嫁は中国への里帰りと思い立ち
連休は混むからと連休前の中国行き航空便をネット相手に3時間、空席表示でも
手続きを進めていくと満席に、二、三年前は盆と正月、連休を避ければ航空券は
二、三日前でも買えたのに、爆買いツアーの余波はここにも及んでいた。
中国ではたった10万人でも彼らが飛行機に乗ると何便に影響が出ることだろう。
結局5月中旬のチケットを1枚ゲットしたようだ。

羽生市商工会では、6月下旬頃に高額なプレミアム商品券の発行を予定しています。
今までも商品券の発行は、ありましたが一口一万円程度で10%くらいサービスが
付いているのが主流でしたが、今回は一口十万円で30%のプレミアムが付くという
大変おいしい企画です。十万円払うと十三万円の商品券が手に入ります。
景気浮上策の一環ですが、当社も取り扱い加盟していますのでご利用ください。

今から30年以上前ヨーロッパへ行った時驚いたことの一つに空港の掃除や売店の店員等
単純労働の人たちに黒人が多かったことだ。そして2年前アメリカ、サンフランシスコへ
行った時も単純労働者に白人の姿はなかった。これからの日本は人口が減り老人が増えて
行く中で、今までの経験や知恵では解決できない所に来ているのかもしれない。
中国唐や隋の時代、日本が中国に学問、文化を求めて訪れ中国、朝鮮から渡来人が来たように
自然の流れだけではなく国の指針が必要な時かもしれない。

今では浴室といえばユニットバスになっていますので浴室から白アリが出たとか配管の水漏れは、無くなりましたが
排水管は従来の配管に比べると細くなっていますので、排水に若干時間がかかります。
洗い場の排水は皆さん排水溝の蓋を開ければ髪の毛等ゴミはすぐ取り出すことができます。
問題は浴槽の排水は洗い場の排水溝と合流していて中のキャップを外さないとお手入れができないように
なっているので少し面倒です。浴槽から大量の髪の毛は流れませんが家族4人で一年というとかなりの髪の毛が
貯まります。ぜひ気をつけてみてください。

今、田園地帯の村君地区の観光マップを創ろうとカメラ片手に廻っていると、お地蔵さんの数の多さにびっくりする。
寺院の一角に5体10体多いと一か所に30体以上いると、思わずにやりとしてしまう。江戸時代の年号も多くみられ
どんな思いで、お地蔵さんを創ったんだろう、それを地元に人たちは守ってきた。今回のマップのテーマは歴史ロマンに
しようなどと一人悦に入りながら反面、次の世代の人たちは雑木林とお地蔵さんを守り続けていけるだろうか、この景観の良さをみんなに伝えるためのも良いマップを作らなくてはと思う。

かつて日本の住宅の窓は木製でした。もちろん雨戸もです。
アルミサッシの普及で木製建具は一掃されました。雨の多い日本では木製は手入れが大変です。
ヨーロッパでは地域によって木製、アルミ、樹脂が使い分けられています。北欧では寒いけど
湿気が少ないので、木製の二重、三重ガラスのサッシが使われています。日本でも寒さの厳しい
北海道では90%が樹脂サッシです。アルミでは、窓が凍って開閉できなくなります。
当社では、高気密、高断熱仕様の住宅は樹脂サッシを使用します。玄関ドアは、木製かアルミ高断熱仕様です。
アルミとの違いは熱を通しにくいので結露が起きにくくなります。おのずと冬の寒さと夏の熱気も遮断します。
ただし気密性が上がりますので二十四時間の換気システムは必修となります。以前中国の住宅にお邪魔した時
樹脂サッシが入っていたので驚きましたが換気システムがないために、冬場でも窓を少し開けていました。
臭いがこもってしまうとのことでした。残念。

回転寿司

かつて寿司屋というと地元の寿司屋しかなかった時代とても敷居が高かった。
長年修業を積んだ寿司職人もそれを当然のことと受け止めていた。
回転寿司は、寿司職人からしたら邪道だったのかもしれない。
今、お客のニーズは回転寿司に流れている。回転寿司はネタの大きさや流通を工夫して
安い寿司を提供している。

工務店

工務店も寿司屋と同じで昔のやり方に胡坐をかいて厳しい修業を積んだが故に
改革ができないのかもしれない。もっと顧客の考えを知りニーズに応える努力を
しないといけないと思う今日この頃です。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.