月別アーカイブ: 3月 2015

今日、我家の娘二人が都内のシェアハウスに引っ越しです。
シェアハウスは、家具つきですから身の回りの物と寝具、服くらいですが
さすがに電車で持ち込める量ではないので、乗用車で詰めるだけ積んでいくつもりです。
たかだか10年前までランドセルを背負っていた二人が飛び立つのは不思議な心境です。
子育ては終わってこれからは親子の第二ラウンドが始まります。

住まいの耐震博覧会

今日、当社主催のバスツアーでナイスの住まいの耐震博覧会に行ってきました。

昨年はお弁当食べるスペースがなくバス車中でお弁当を食べてからの見学でしたが
今年は屋台村ということで各種、焼きそば、カレー、讃岐うどん、静岡おでん、ロコモト丼、肉巻きおにぎり、ホルモンうどん等盛りだくさんで盛況でした。

展示物についても色々なメーカーが一堂に出そろい、地震体験車、防災グッツ、地場の材木等見どころ盛りだくさんで
有意義な一日でした。
ネット検索も大事ですがやはり生の情報が一番大切だと思います。

今、羽生市の村君地区にスポットライトを当てた観光マップを作ろうと思い
今日二時間ほど車でカメラを持って廻ってきました。利根川べりに家の後方を囲むように屋敷林が
多く見られます。かつては風よけでなくては、ならなかったのでしょうが今は落葉や家の管理維持を考えたときに
負の遺産になってしまい切り倒され今風の家も多くなってきています。他人の家の事ですから、余計なことは言えませんが
出来れば残してもらいたい風景です。

私の二人の娘が4月から独立してアパート住まいに選んだのはシェアハウスでした。
居室は広くありませんが交流の空間、価格等を吟味して決めたようです。

これから一人暮らしの老人が増える中、意外とヒントが隠されているかもしれません。
他人が共同で住むのも悪くないかもしれません。

第一弾

3日前ある営業マンが突然我家を訪れ三年前に営業で歩いていた時「がんばれ」と優しい声をかけていただいたのを支えに仕事に励んできて、マネジャーの地位まで上がったので挨拶に来ましたとのこと

第二弾

今、金相場が動きだしていて当社が1ドル105円の時の金を特別出せるので、絶対に損はないとのことで上司と二人で訪れる

疑問

名刺に書いてあった社名がネット検索で出てこない。
会社に電話を入れると男の人の声は営業の話し方ではない
グーグルの地図検索で住所のビルの看板に社名がない
田中貴金属に問い合わせると警察に相談するように勧められる

金が信用できても肝心の会社が体をなしてないと預かり所をもらおうが保証書をもらおうが紙くずになってしまう
パンフレットも名刺も簡単に造れる時代 おそろしい

今、仕事で色々な家にお邪魔すると、決まって出るのが後継者のいないこの家をどうするか
かつては代々受け継がれた家と土地、生活スタイルが変わり人口が減る中では現状を維持するのは
難しいことです。私の住んでいる羽生は都会ではありません。地方は都市化を望むのではなく田舎だと
自覚して自然と環境と住み心地がいい所をアピールして楽しいぞ田舎くらいの気持ちで開き直って
住んだらいいと思います。

東京ビックサイト

来週金曜日から日曜日、住宅建材メーカーのナイスが主催する展示会が開催されます。
当社も29日、日曜日、羽生からバスを出しますので、ぜひご参加ください。

見積もりのコツ

住宅を建てる時、決めることがたくさんあります。
間取り、屋根材、外壁、台所、浴室、トイレ、床材、壁紙等々、難しいのは良い物は価格が高いのです。
照明器具でも一軒の家で30~50か所必要になります。全部こだわったら器具だけでも軽く百万円を超えてしまいます。
見積もりのポイントは予算と材料のバランスです。
照明選びのポイントは居間や玄関灯など大事な所だけこだわってトイレや廊下、脱衣所などは「エイヤー」と割り切ってしまうことです。台所の流し台もフルコースではなく妥協出来ない所と諦める所を組み合わせて決めることです。
なんでも良い物は価格も高いですから。

私たちには建築の経験と知識があります。
しかし家造りの主役は、あなたです。
私の父の時代は、お客様と打合わせをしていると私たちは、わからないのでお任せします
という会話をよく耳にしました。畳の部屋が主流の頃は部屋は4.5帖、6帖、8帖という
パターンの中では選択肢も少なく、お任せということでも、よかったかも知れませんが
床板、外壁、タイル、台所、浴室、トイレ、選択肢の多いこと多いこと話は戻りますが
設計屋の仕事は建築の知識は豊富ですからぜひ家を造る会話の相手と思って利用してください。
私は、お客様の声を聞いて情報を出してなるべくベストプランに近づけるよう、もっていけるよう
心がけています。

元々、家を建てるのは家族が幸せになるための器ですから家族にとってのベストプランは自分たちで形成するものです。玄関はおのずと道路からのアプローチで決まり敷地に対してどう配置するかも大切な要因になります。もちろん同時に近隣との関係も考慮に入れなくてはいけません。せっかくの窓が隣の窓とバッティングすると開かずの窓にもなりえますし、隣の台所の排気口の近くに自宅の給気口があると隣の台所の臭いが入ってくることもあります。最低限間取りのチェックはしましょう。高い買い物ですから。

家を建てるには、いくつもの方法があります。
建売住宅

土地と家がセットになっている住宅
かつては不動屋さんの手法だったのが、ハウスメーカーも参加している
車を買う感覚で「これください」質はともかく安いのが売り

ハウスメーカー

モデルハウス、パンフレット、コマーシャルを使い、中の上の客層をターゲットに
大量生産の申し子

地元工務店

30年前は主流であったが、ハウスメーカーや建売におされ、後継者も育たなくなってきている
過去の栄光を捨て地場力を発揮して地元に寄り添うしか生きる道はない
良い工務店が見つかれば経費の計上が少ない分お得


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.