月別アーカイブ: 11月 2014

先週ある施設のメンテランスチェックに行ってきました。浴室、脱衣室、トイレ、台所の換気扇のお手入れ、浴室、洗濯器、台所の排水口のお手入れ、建具の兆番、ドアノブ、建具のレールのお手入れ等一つ一つは、とても簡単な作業ですが大切なことは継続することです。ですから今回はスタッフの皆様にお手入れのやり方を覚えてもらうと同時に月に一回継続して行うシステムを造ることにあります。もうすぐ年末皆様も家の大掃除を考えていると思いますが水回りは冷たいので春先にやることをお薦めいたします。

また寒い冬がやってきます。夏はエアコンで乗り切るしかありませんが、冬の暖房機には、ガス、灯油、電気そして形態で言うとエアコン、ストーブ、炬燵、床暖房等ありますが当社が奨励しているのは蓄熱式暖房機です、深夜電力を利用して暖房機の中に備えられたレンガを電気で温め、蓄熱された熱を放出するという仕組みになっていて、エアコンなどその他の電気暖房機とは全く異なった構造になっています。エアコンと違って音も風もないため皮膚へのあたりが柔らかく、体を芯から温めることができます。また、炎が出ないため安全性が高く子育て世代の家にとっては、ぴったりの暖房器具だと思います。

今年、羽生市制60周年を迎え11月8日(土)記念式典が行われます。市内の関係者はもちろん友好関係にあるフィリピン、ベルギー、アメリカからも、お客様をお迎えします。私は昨年、友好交流でアメリカに行ったのが縁で今回、アメリカ ミルブレー市から来るお客さんの接待を受け持つことになりました。食事も和食にするのに一番のネックは畳です。食事がおいしくても外国の客様には畳に座るという作業は困難です。そこで和食プラス、テーブルとなります。観光コースは羽生特産の藍染め工場「小島染織」ちょうど当日「藍染め市」を開催中なので販売、藍染体験、手織り体験、色々楽しみです。もう一つは、国内最大級の盆栽総合施設「雨竹亭」ここは販売だけでなく、外国との交流事業も盛んで、この間も中国の農業大学の視察団の一行が熱心に見学されていました。5日間の滞在中どれだけ喜んでいただけるか今から楽しみです。

11月3日は羽生市商工祭りが開催されます。毎年、文化の日の11月3日、市内の商工業者が中心になって本町通りを通行止めにして盛大に行われます。私の所属する羽生建設組合でも市民プラザの1階で、まな板削りと包丁研ぎのサービスを1つ300円で行っています。市内の大工さんが中心になって作業を行います。包丁研ぎといっても包丁以外植木ばさみや鎌、はさみ等色々な刃物が持ち込まれます。午前11時開催ですが常連のお客さんは10時過ぎには物を置いて、商工祭りに参加しているようです。毎年100名を超す、お客さんがお見えになります。一人一本とは限りませんので、裏方は大変ですが人の顔が見えるというものは、いいものです。当日は大勢の人でごちゃごちゃしていますが、ぜひ顔を出してください。お待ちしています。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.