リフォーム

台所の流し台は、ここ数年使いやすさは格段の飛躍を遂げました。
収納は引き出しタイプになり、換気扇も風流板が付き、シンクも
水音が制御されるようになり、どの機種を選ばれても遜色はなくなりました。
意外とお客様がガスにするかIHにするか悩む方が多くいらっしゃります。
各々一長一短ありますし我々は物事を物理的に処理してしまいますが
今までの習慣や思いがありますので、話を聞いて、お客様にとって何が今
ベストかを考えて後悔しないような選択をできるように話し合いを積み重なねて
決定するように心がけています。

4日前からメールが開かなくなってしまった。
パソコンの故障は始末に負えない昨日パソコンショップに
電話したら日、月はお休みとのこと今日連絡を取り見てもらったら
さすがにプロ開くことはできたが、型式が古いからいつ故障しても
不思議ではない所まで来ているとのこと機種の更新のお願いをして
事なきを得たが、お客様との連絡や業者との確認作業もメールに
頼っている昨今、パソコンにへそを曲げられたらお手上げである。

今日、お客さんとお風呂のリフォームのために
タカラスタンダードの熊谷展示場に行きます。
お客さんは、以前自分で行ってはいましたが
発注となるとデザインの良し悪しだでなく
既存の場所に収まるのか出入り口の取り合い
窓の納まり、給湯器との関係等様々なチェックが
必要となります。給湯器に自動お湯張りの機能が
あれば浴槽側に蛇口は必要ありませんが、機能がないと
蛇口を付ける必要があります。入り口の扉もかつては
水回りの関係でドアーが主力でしたが今は引き戸が
中心です。お客様に色々な情報を与え消化納得させるのが
我々の仕事だと思います。

職人たちは七草明けから仕事が始まりますが
今日から新年の仕事の準備のため始動します。
昨年末までギリギリ仕事をさせてもらった家に
点検に行き、来週から入る家に手順の確認と
内容の再確認に回ります。合わせて今年一年の
活動の方向性を模索しながらイベントの準備に
入ります。何事も準備が半分の要素を占めていると
思われます。

新年あけましておめでとうございます。
職人の世界は年末は仕事にけりをつける関係か
ギリギリまで仕事に追われますが年明けは
七草まで休むケースがほとんどです。
新年早々急ぎの仕事はそんなにあるものではありませんから。
当社恒例の冬の体感フェアーを1月20日21日で開催します。
七草かゆならぬ薬膳スープをご用意していますので
是非足をお運びください。

店舗やテレビでは、クリスマスの模様を楽しく映し出しているが
建築現場では、お客様から年内にという要求を突き付けられるが
今日を入れても残り五日、障子の張り替、畳の表替、建具の修理
壁紙の張替、トイレの故障等職人はパンク状態、早く言ってよ!
なんで、今言うかなというのが毎年恒例の仕事事情だ。

今日お役様と一緒に水回りの展示場
熊谷のタカラスタンダードとクリナップに行ってきました。
台所や浴室を発注するにはグレードや色、細部にわたるまで
決めて値段も確認しての発注になりますが建築リフォームを
始めて経験するお客様にとってどこまで理解しているかが大事な
ポイントになります。消化不良を起こさないためにも何度もお客様の
目線で確認作業を行わないと高価な買い物が幸せな結論を迎えなく
なってしまいます。時間をかけて納得のいくまで何度でも確認してください。

建築の仕事は打ち合わせをして見積もりを出してからスタートする。
今週、来週の発注だと職人から年末は仕事がいっぱいだとの返事
普通の月との違いは月をまたげないこと。ほとんどのお客さんは
年内の完成を望むため、おのずと職人が時間に縛られる、職人の数も
減る一方なので多くの仕事をこなせないのだ。
12月はお客さんに仕事が遅れる言い訳をする日々が続く。

皆さんが靴や車を買う時に色々考えて買う人と使えばいいと思って買う人では
元々の考え方が違います。家のリフォームでも一つ一つ考えている人もいれば
使えれば安いに越したことはないと考える人がいます。私たちのお仕事は、お客さんの
ニーズに合わせてなるべく思いをくみ取ることにあります。間違いが起こらないためにも
打ち合わせには、時間をかけないと思わぬ落とし穴に、はまることもあります。
私たちは、一年中建築の仕事をしていますから、勝手な思い込みもあります。
お客様も慣れない世界の話なので行き違いも生じます。
信頼関係を構築してから仕事をスタートできればと考えています。

昔から職人殺すに刃物はいらぬ雨の三日も降ればいいと
言われていますが、長期予報を見ると二週間ほぼ雨
もはやため息しか出ません。助けてください。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.