ソーラーサーキット

例年梅雨明けの7月中旬から出している麻布の日除け
今年は記録的猛暑のせいで6月下旬には出動、まだ30度を
超える日々が続いているけど猛暑だった37,8度に比べると
30度超えは可愛いもの、今年ほど気候変動、猛暑という言葉に
振り回わされた夏はなかったかもしれない。いろいろなことを
考えさせられた夏でした。

今日お客さんからトイレが壊れたとの連絡が入りました。
普通のトイレであれば、トイレは異物で詰まるくらいでしたが
高性能トイレが増えているので、複雑です。
便器のふたを自動で上げたり、いろいろな機能がモーターに
よってなされていたようで、モーターが壊れていました。
モーター交換四万円、便器交換二十万円、築十年悩ましいところです。
電気製品の寿命十年と考えると二万以上の修理費は次の修理を考えると
複雑です。便器交換で話を進めています。

昨日、相生町公会堂で村君の野菜を売る新鮮朝市が
開催されました。盆前ということもあり、カボチャや
スイカが完売しました。通常小世帯が多いので、スイカや
カボチャは売れ行きが悪いのですが、たぶん子供たちが
帰省するため瞬間的に家族が増えるせいかと思われます。
人口が減るということは街づくりには脅威です。

明日28日と29日午後1時より4時まで
高気密高断熱の家、夏の体感フェアーを開催します。
見どころは、エアコンの稼働台数、涼しさを体感してください。
体にやさしい薬膳料理も用意しています。
台風が心配ですが、お待ちしています。

毎日38度という暑い日が続く今年の関東地域
高気密高断熱の我が家では、2階の1台のエアコンを
24時間27度運転にしています。温度計を観ると
気温28度湿度60%くらいになっています。
問題の電気代ですが先月との差額が2000円でしたので
これが1か月のエアコンの電気代かと思われます。
1日にならすと70円、高気密高断熱だと1台のエアコンの
稼働で生活できます。7月28、29日体感フェアーを
開催しますので、確認しに来てください。

季刊で発行している住宅情報誌の夏号できました。
ホームページにもアップしてます。
6月に講演会を行った、松岡先生と石川先生のことも
取り上げています。ぜひご覧ください!

当社で季刊で発行している住宅情報誌「春夏秋冬」出来ました。
12号なので丸3年になりました。娘の大学生活と同スタートなので
娘も最終学年になります。今までは課題の設計や模型造りに追われていましたが
4月からは就活も始まりました。私の時代とは40年近いギャップがありますので
あまりアドバイスもできませんが建築の世界の楽しさを味わってもらえればと
期待しています。情報誌はHPからもダウンロードできますので、のぞいてみてください。

今日、ソーラーサーキットのお家の研修会があり赤坂まで行ってきました。
学生時代と就職して5年間都内に住んでましたが、あれから30数年
今日は平日だというのにトランクを持った外人さんの多いこと
中国語と英語が街を飛び交っていました。昼食で入った牛タン屋さんも
客の3割が外国の方でした。たまにしか都内に出ないと電車内の英語の
アナウンスも含め異次元の世界に来てしまったような錯覚に陥りました。
これからの日本の活性化を考えるとき外国との交流は切り離せないかもしれません。

当社がソーラーサーキットのお家に加盟して15年が経ちました。
当時売り上げが落ち、これからの仕事の指針として選んだのが
高気密高断熱のソーラーサーキットのお家でした。加盟当時から
防蟻対策や換気システム等進歩も激しく個人の工務店では勉強の
機会だけとっても組織に属さないとやっていけないと実感しています。
当社にとって一番大切なのは学習ができて自立できる。こう考えると
カネカのソーラーサーキットのお家は、当社にとって一番相性の良い
パートナーだと思います。

昨日、秩父の工場視察に行ってきました。
秩父にある(株)ウッディ-コイケは明治44年創業
山の植林事業から伐採、製材、乾燥、加工、プレカット出荷まで
自然の恵みを最大限に生かした高度利用を目指して最新の技術を
駆使した活気あふれた会社でした。
今回の訪問の目的は木材の大敵シロアリ駆除と木の腐れの対策です。
一般のシロアリ駆除の農薬では室内環境の問題や効き目が5年で消滅
してしまうこと、そこで目を付けたのがヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアでは
ポピュラーなホウ酸塩を木材に加圧注入する機械の見学です。
ホウ酸塩は哺乳類には無害で昆虫にだけ有害であること、木の腐食菌も抑え
効果が持続すること、マイホームを長生きさせるための特効薬なのです。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.