ソーラーサーキット

当社で季刊で発行している住宅情報誌「春夏秋冬」出来ました。
12号なので丸3年になりました。娘の大学生活と同スタートなので
娘も最終学年になります。今までは課題の設計や模型造りに追われていましたが
4月からは就活も始まりました。私の時代とは40年近いギャップがありますので
あまりアドバイスもできませんが建築の世界の楽しさを味わってもらえればと
期待しています。情報誌はHPからもダウンロードできますので、のぞいてみてください。

今日、ソーラーサーキットのお家の研修会があり赤坂まで行ってきました。
学生時代と就職して5年間都内に住んでましたが、あれから30数年
今日は平日だというのにトランクを持った外人さんの多いこと
中国語と英語が街を飛び交っていました。昼食で入った牛タン屋さんも
客の3割が外国の方でした。たまにしか都内に出ないと電車内の英語の
アナウンスも含め異次元の世界に来てしまったような錯覚に陥りました。
これからの日本の活性化を考えるとき外国との交流は切り離せないかもしれません。

当社がソーラーサーキットのお家に加盟して15年が経ちました。
当時売り上げが落ち、これからの仕事の指針として選んだのが
高気密高断熱のソーラーサーキットのお家でした。加盟当時から
防蟻対策や換気システム等進歩も激しく個人の工務店では勉強の
機会だけとっても組織に属さないとやっていけないと実感しています。
当社にとって一番大切なのは学習ができて自立できる。こう考えると
カネカのソーラーサーキットのお家は、当社にとって一番相性の良い
パートナーだと思います。

昨日、秩父の工場視察に行ってきました。
秩父にある(株)ウッディ-コイケは明治44年創業
山の植林事業から伐採、製材、乾燥、加工、プレカット出荷まで
自然の恵みを最大限に生かした高度利用を目指して最新の技術を
駆使した活気あふれた会社でした。
今回の訪問の目的は木材の大敵シロアリ駆除と木の腐れの対策です。
一般のシロアリ駆除の農薬では室内環境の問題や効き目が5年で消滅
してしまうこと、そこで目を付けたのがヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアでは
ポピュラーなホウ酸塩を木材に加圧注入する機械の見学です。
ホウ酸塩は哺乳類には無害で昆虫にだけ有害であること、木の腐食菌も抑え
効果が持続すること、マイホームを長生きさせるための特効薬なのです。

今日東京ビックサイトで開催中の建築の総合展示会に
建築を学んでいる娘と行ってきました。来年卒業の娘は
就活の情報収集という目論見があったようですが、企業サイトは
商品売込みですから思惑は違ったかもしれませんが、世界の
建設メーカーが集まる機会は貴重ですから、良い体験になったと思います。
何とか当社の三代目に育ってくれればと祈るばかりです。

今日、当社主催の東京ビックサイトの住まいの博覧会と築地場外市場
バスツアーを開催しました。寒い中にも関わらず22名の参加者に恵まれ
東京ビックサイトで2時間、築地で1時間半、少しハードでしたが
事故もなく無事夕方5時に羽生に戻ってきました。
参加者の皆様お疲れさまでした。

鬼門とは北東を指します。
建築家の考えかただと西と北が悪い方位になります。
なぜ北東が鬼門なのでしょうか、日本の文化や伝統は
中国の影響がとても大きいのです。中国では北東部は
蛮族が侵略してくるので万里の長城を築いても防ぎたい
まさに鬼門なのです。日本はそれを輸入しているにすぎないのです。
本来は土地の気候風土に合わせて日当たりや風の方向で
いい家を建てるべきだと思うのですが、如何でしょうか。

今日、都内でソーラーサーキットの勉強会がありました。
当社がソーラーサーキットのグループに入って15年が経ちました。
その間にも技術の進歩に伴いグレードアップされているため
年に数回勉強会が行われます。最近は太陽光発電との組み合わせや
営業、デザイン、工事写真の撮り方と多種にわたっています。
当社発行の住宅情報誌にも反映していきたいと思っています。

2月のイベント案内
2月18日(日)午前10時羽生市役所より大型バスで出発
東京ビックサイトで建築博覧会見学後
築地場外市場でお食事、お買い物を楽しんでいただいた後
羽生に戻ります。多数のご参加お待ちしております。

予報通り昼から雪が降り始めました。
大雪になりそうで明日が心配です。
アルミのカーポートは屋根が雪の重みで
倒れないような補強が必要です。
雪掻きのスコップは今日中に用意しておいたほうが
いいようです。長靴も必須アイテムです。
明日一日分の食料も要しておいたほうが賢明です。
外も心配ですが室内の温度も下がりますので
ヒートショックにはくれぐれも気を付けてください。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.