明日、羽生市内の新聞にチラシが入ります。
12日の完成見学会です。
コロナの影響で完全予約制になっています。
ご了解ください。

建築士は3年毎に建築士講習会が義務付けられています。
事の発端は姉歯元一級建築士が構造計算を偽装したことで
建築士の信用が失墜し、それ以来我々にとばっちりが来ています。
しかし、建築の世界も日進月歩で日々進化していますから、講習会も
悪くありません。朝の9時から午後5時30分修了考査付き
なかなか応えます。

羽生市では9月1日からプレミアム付き商品券の使用が
始まります。当社でもプレミアム付き商品券の取扱店になって
いますので、リフォーム工事の支払いの時にご利用いただけます。

今日、明日8月22日23日

当社体感ハウスにて夏の体感フェアー開催しています。
コロナの影響で、事前予約制になっていますのでご了承ください。

9月中旬には、現在新築中の会場で完成見学会も予定しています。

私が小学校の頃は30度を超えると暑いと思っていましたが
今は35度は当たり前、今日は羽生市で40度を記録しました。
エアコンの利用は当たり前ですが室内に熱をいかに入れないのかが
大切です。窓ガラスを如何に遮蔽するか、カーテン、雨戸も立派な
遮蔽物です。朝起きてカーテンの開ける時間を遅らせたり、夕方
早めに雨戸を閉めるのも立派な猛暑対策につながります。

当社で発行している、季刊誌の「春夏秋冬」
現在21号5年目を迎えました。
今回はコロナ情報も満載です。
HPからダウンロードするか、当社まで連絡いただければ郵送します。

当社がソーラーサーキットの家を初めて15年
高気密・高断熱で高性能の家という認識でした。
今回のコロナウイルスの影響で、住まいを考えたとき
24時間換気は2時間に1回、家の空気が入れ替わるように計画されています。
家の中で温度差がないので小屋裏も標準装備されています。
今まで小屋裏は納戸スペースという認識でしたが、電話とテレビ回線を
用意すれば立派なデスクワークの空間になれるのです。
8月に体感ハウスで体感フェアーを開催しますのでコロナ後の視線で
体感してみてください。

先週の土曜日、住宅構造見学会のチラシを
羽生市内の新聞折り込みに入れさせてもらいました。
本来でしたら日にちを発表しての見学会ですが
コロナウイルスの影響で1か月間くらいの予約制で
現場開催しています。関心のある方はご連絡ください。

羽生市内の現場で構造見学会を開催いたします。
来週市内の新聞にチラシを入れます。
本来なら開催日に自由に来てもらうところですが
コロナを考慮して完全予約制で開催いたします。
開会期間は一か月を予定しますので、ぜひ予約したうえで
ご来場ください。現場は羽生市内です。

来月中旬からソーラーサーキットのお家の
現場見学会を開催しようと考えています。
従来は土日の二日間ぐらいを見学会に充てるのですが
今回はコロナの影響で三密を避けるためにも完全予約制に
してお客様が重複しないように配慮して一か月間ぐらいの
間に受け入れをしようと考えています。
こんな時だからこそ、納得のいく家づくりを考えてください。


Copyright © 2013. 小山建設オフィシャルブログ All Rights Reserved.